年金生活.net 〜団塊世代のためのセカンドライフ応援サイト〜 最新海外年金生活事情、マレーシアで年金生活
年金生活.net 最新海外年金生活事情・マレーシア編
何故、マレーシアが人気なのか!?
日本国内では物価が高く、月20万円程度の年金だけでは、とても生活していけない・・・ 長生きすればするほど生活苦になってしまう・・・  それが、物価の安い海外なら、悠々自適の暮らしができるという。
年金暮らしが出来る外国のなかでも、特に最近人気を集めているのが「マレーシア」である。人気の理由としては
・物価が安い(日本の1/3程度)
・年金に税金がかからない
・治安が良い・親日的である
・気候が穏やか(一年を通じて常春)
・医療水準が高い・・・など
すでに、多くの日本人年金生活者が暮らしており、クアラルンプールの日本人会は組織がとてもしっかりしている。スポーツや趣味のサークル活動もさかんで、老後生活を退屈することはない。まさに悠々自適という感じがする。
なんといっても最大の魅力は、「物価の安さ」である。2007年現在、日本の物価の1/3の水準というから、月20万円程度の年金があれば充分に暮らしていける。しかもマレーシアで年金を受け取れば税金がかからない(日本国内で受け取れば所得税がかかる)、年金の受取は社会保険庁から直接送金してくれ、しかも送金手数料は社会保険庁が負担してくれる。(至れり尽くせりである)
また、治安・気候の良さ、親日的であること、医療水準が高い上に、医療費は驚くほど安いという点も、日本国内よりも、老後生活を送る上での不安が少ないかもしれない。
詳しくは、クアラルンプール日本人会のホームページを参考にしてください。
「マレーシア・マイ・セカンドホーム(MM2H)」プログラムとは!?
マレーシアで年金暮らしをするためには、マレーシア政府が推進する「マレーシア・マイ・セカンドホーム(MM2H)プログラム」に申請しなければなりません。
「マレーシア・マイ・セカンドホーム(MM2H)プログラム」とは、最長10年間有効なビザで、何度でもマレーシアに入国して希望する期間自由に滞在できるプログラムです。永住権ではありません。マレーシアで収入を得る就労は認められません。移民局より許可されれば、10年後以降の更新も可能です。
申請するにあたっては、経済的条件があり、50歳以上の場合、次のいずれかの条件を満たさなければなりません。
・マレーシアの金融機関に15万リンギット(約510万円)の定期預金をする。
・マレーシア国外で月々1万リンギット(約34万円)の月収証明を出す。(年金可)
これは、今後マレーシアで暮らしていけるかどうか経済的な基盤を審査するものです。 実際には、月額34万円以上の年金がある方は少ないので、15万リンギット(約510万円)の定期預金をすることになるわけですが、2007年現在マレーシアの銀行金利は約4%という高水準を維持していますので、使わないでいれば年間20万円もの利息がついてしまうことになります。
MM2Hプログラムに申請するには、マレーシア国内にあるMM2H免許会社(代理店)を経由して提出されることが必要です。
海外年金生活で人気のクアラルンプール。ロングステイ体験、MM2Hビザ申請代行サービス、短期貸しコンドミニアムの紹介など「マレーシア・クアラルンプールへのロングステイ」に特化したサポートサービス。
退職後の「マレーシア・ロングステイ」に特化したサポートサービス事業。長期滞在(MM2H)ビザ申請希望者の受け入れやマレーシアでのロングステイ体験企画の情報など。
外国からでも安心サポート、日本の専門家がお手伝いします。「自分の加入記録を調べてほしい」、「請求手続きを頼みたい」 という方、お気軽にご相談ください。
TOPページ【年金生活.net】 へ戻る
Copyright2007 年金生活.net 〜団塊世代応援サイト〜 All Right Reserved
Web Design & Produce by NoriNori-KoBo