年金生活.net 〜団塊世代のためのセカンドライフ応援サイト〜 60歳からの保険設計
60歳からのリスク管理 〜 生命保険を見直してみよう!
「保険」というと、皆さんどのようなイメージを持っていらっしゃいますか?
保険料が高い!
いざというときに補償が受けられない!?
知り合いのお付き合いで入らされている!
このように考えている方は、保険を上手に活用できていないのではないでしょうか。保険はあくまでも暮らしを守るためのもの、その考え方は老後でも変わりません。
不必要な補償を見直して保険を賢く活用すれば、保険料は決して高いものではなく、「安心料」と感じられるはずです。
定年前後は保険を見直す絶好のタイミング
今必要な保障と今後必要な保障をしっかり見極め、最低限の保険料で必要な保障を確保できるよう、ここで見直してみましょう。
60歳から本当に必要な保険とは?
現在、50代から団塊の世代ぐらいの方ですと、定期付終身保険にご加入されている方が多いでしょう。定期付終身保険の魅力は「掛け金の割には死亡保障が大きいこと」ですが、この死亡保障も60歳になると定期部分の保障は終了し、主契約の終身部分(150万円から200万円の場合が多い)のみになってしまいます。
もちろん大きな死亡保障は魅力ですが、子供が経済的に独立すれば学費の心配がなくなりますし、住宅ローンも退職金である程度返済のメドがたつということならば、いつまでも高額な死亡保障をつけておくよりも、これからはご自身に必要な医療保険や介護保険へ切り替えていく必要があります。
60歳前に必要な補償
家族の生活費
子供の教育費
住宅関連費用
老後に必要な補償
入・通院費用
介護費用
葬儀費用
老後の大切な資金を、いつまでも不必要な保険で浪費する必要はありません。 次ページ以降に、老後の備えとして何が必要なのかを詳しく解説していきますので、参考にしてみてください。


TOPページ【年金生活.net】 へ戻る
ファイナンシャルプランナーによる無料保険診断
読売ウィークリーで絶賛の保険マンモスでは、プロのファイナンシャルプランナーによる保険診断が受けられます。もちろん相談は無料ですので、一度見直しの相談をしてみてはいかがですか!?
▽ 詳しくはこちらをご覧下さい ▽

Copyright2007 年金生活.net 〜団塊世代応援サイト〜 All Right Reserved
Web Design & Produce by NoriNori-KoBo