年金生活.net 〜団塊世代のためのセカンドライフ応援サイト〜 60歳からの保険設計
医療保険
昨今の医療制度改革により高齢者の医療費の負担額が大きくなってきています。大きな手術や長期の入院ともなると、一体どれだけのお金がかかるか心配ですよね。
まずは病気をしたときにどれくらいの費用がかかるのかを理解してください。
その上で老後の備えとして、高齢者向けの有利な保険を考えていきましょう。
医療費負担の上限は8万円〜9万円!?
健康保険の「高額療養費制度」をご存じでしょうか。実は長期の入院や大手術でも個人が負担する医療費は上限が決められています。
70歳未満の方の1カ月(その月の1日から末日まで)の自己負担額の上限は以下の通り。
世帯区分
1カ月の自己負担限度額
4カ月目以降
上位所得世帯
150,000円
+ (医療費が50万円を超えたら超過分の1%)
83,400円
一般世帯
80,100円
+ (医療費が26万7000円を超えたら超過分の1%)
44,400円
市民税非課税世帯
35,400円
24,600円
実際に一般世帯の方で1カ月の医療費が50万円かかったとしても、実際の負担は82,430円、100万円かかったとしても87,430円ですみます。
しかし、ここで油断してはいけません。この金額の中には食事代差額ベット代は含まれていません。特に差額ベット代は各病院で設定されていて、安ければ数千円、高ければ数万円の病院もあります。雑費などを含めれば、入院1日につき、1万円程度の医療保障は欲しいところです。
最近の傾向としては、1日5千円では不安。1日1万円のタイプを選ぶ人が増えているようです。実際、入院した穴をめるために加入するので差額ベッド代だけを見ても、この金額は必要といえるかもしれません。
おすすめの医療保険とは!?
昔は今と違って、一生涯保障が続くタイプの医療保険は一般的ではありませんでした。団塊の世代くらいの方ですと、定期付き終身保険に加入している方が多いと思います。定期付き終身保険では、「医療特約」という形で医療保険に入っている方が大半です。この場合は主契約の終身保険の払い込みが終わる時点で、特約を更新するかどうかを選ぶことになります。
つまり、生命保険の特約ですと、保障が60歳や80歳で終わってしまう場合が多いのが現実です。
しかし最近では新しいタイプの有利な医療保険が数多く出てきています。定期付き終身保険の特約を更新するのではなく、新たに医療の部分は有利な保険に入るというのも手ですね。
医療保障を選ぶ際のチェックポイント
1、医療保障が終身で受けられるか?
2、高度先進医療をカバーできるか?
3、入院給付日数の制限はどうなっているのか?
ただし健康状態によって新しい保険への加入が不可能な場合もありますので、先に今加入している保険を解約して後悔しないようにしてください。


TOPページ【年金生活.net】 へ戻る
Copyright2007 年金生活.net 〜団塊世代応援サイト〜 All Right Reserved
Web Design & Produce by NoriNori-KoBo