年金生活.net 〜団塊世代のためのセカンドライフ応援サイト〜 定年準備から老後を楽しく豊かに生きる知恵
年金生活.net 60歳からのマネープラン 年金はいくらもらえるのか?
年金はいくらもらえるのか?
前のページでは、老後の生活費について書いてきましたが、老後の大切な収入基盤となる年金は、一体いつから、いくらくらいもらえるのでしょうか?
会社員世帯のモデル年金は月額約23万円(厚生年金に40年加入している会社員の夫と専業主婦の妻の夫婦の年金の合計:厚生労働省発表)、自営業夫婦であれば、国民年金に40年加入していたとしても、夫婦合わせて約13万円です。
前ページにあるように、月額約23万円ですと必要最低限の生活はできても、ゆとりのある生活というわけにはいきませんね。
しかし実際には23万円もあればいいほうで、人によっては若い頃に年金未加入だったり、転職を繰り返していて、厚生年金ではなく国民年金の期間が長かったりすれば、この額はさらに減ることになります。
年金額の見積は50歳を過ぎればできる!
年金額の計算式は、度重なる法律改正により複雑を極めており、とても個人レベルで計算できるものではありません。
正確な年金額を知るには、お近くの社会保険事務所へ足を運ぶ必要があります。社会保険事務所の年金相談の窓口で過去の年金加入記録の照会と、おおよその年金額をシミュレーションしてもらいましょう。
社会保険事務所へ行く際には、年金手帳(基礎年金番号通知書)が必要です。会社側で保管していてお手元にない場合は、会社から返還してもらうか、ご自身の年金番号(基礎番号)がわかる部分をコピーしてもらうといいでしょう。
できれば、ご夫婦二人で行かれることをおすすめします。ご夫婦二人でシュミレーションしてもらえば、より将来の生活をイメージできるでしょう。
仕事などで、どうしても平日に社会保険事務所へ足を運べない方は、社会保険庁のホームページから申し込めば、「年金見込額試算」と「その計算の基礎となった年金加入記録」を郵送で知らせてもらえます。
「給料」から「年金」へ、生活レベルの格差
実際に社会保険事務所へ行って、年金の見積をしてもらえばわかりますが、もらえる年金が思ったより少なく、ショックを受ける人も多いようです。
年収1000万円あった人が、年間200万円程度の年金収入になるわけですから、心の準備ができていなければ当然のことですよね。
次のページで詳しく触れますが、実際に65歳になるまでは、年金も一部しかもらえず、月10万円程度の収入になってしまいます。この間は失業保険をもらいながら新たな職を探したり、妻にも働いてもらうなどの必要もでてくるかもしれません。
この現実に備えるためにも、50歳代半ばから、定年後にむけて気持ちを切り替えておく必要があります。
余裕がある方は民間保険会社の「個人年金」に加入しておいたり、いまある貯蓄や退職金の運用方法など、金融資産運用の勉強を始められてはいかがでしょうか?


TOPページ【年金生活.net】 へ戻る
Copyright2007 年金生活.net 〜団塊世代応援サイト〜 All Right Reserved
Web Design & Produce by NoriNori-KoBo