年金生活.net 〜団塊世代のためのセカンドライフ応援サイト〜 定年準備から老後を楽しく豊かに生きる知恵
働く(再雇用・再就職・失業保険)
ある調査によれば、団塊世代のうち60歳を過ぎても仕事を持ち続けたいと考えている人は約8割にのぼるそうです。もちろん「経済的な理由」もありますが、「頭や体をなまらせない」、「もっと社会の役にたちたい」という考え方もあるようです。
「ゆとりある老後」を年金が満額支給される65歳からと考えれば、60歳から64歳はその準備期間といえます。
まだまだ体の動く60歳代前半、この期間の過ごし方で「ゆとりある老後」を実現できるかが決まります。
自分のできる範囲で仕事をして、65歳までは少しでも貯蓄を増やす(減らさない)努力は必要です。現役時代と同じ水準の給料を望むのは無理にしても、貯蓄の目減りを少なくすることで、将来の不安がどれだけ少なくなるでしょうか。
60歳以降の働く環境
平成18年に改正高齢者雇用安定法の「高年齢者の安定した雇用の確保等を図るための措置」が施行され、65歳までの定年延長や、継続雇用制度の導入が事業者に義務化されました。法律上では、本人が希望し、これまでの勤務態度など特に問題がなければ、働き続けられる環境が整いはじめています。
とはいえ実際には60歳以降も、それ以前と同じ待遇で仕事を続けるのは困難のようです。定年延長を実施している企業は非常に少なく、継続雇用制度を実施しているところがほとんどですが、この法律には罰則がないので、現実には60歳で定年退職を余儀なくされたり、運良く継続雇用されても、給与などの条件を下げられる場合が多いのも事実です。
従前の会社で引き続き働くことができれば、それに越したことはありませんが、退職を余儀なくされても、雇用(失業)保険を利用すれば、ほとんどの方が、3〜5カ月間は月額約20万円の失業給付を手にすることができますので、再就職先が決まっていない人は失業給付を受給しながら、ハローワークで職探しという選択肢もあると思います。以下を参考にして、60歳以降の働き方を考えてみてください。
雇用保険
(失業保険)
を利用する
・すぐに求職活動するという方は
退職後、約1カ月後から失業給付を受けられます。
・しばらく休養してから求職活動という方は
手続きをしておけば、受給期間を最長2年まで延長できます。
 詳しくは「雇用(失業)保険を利用する」のページをご覧下さい。
年金を
もらいながら
働く
・年金をもらいながら働くには
1、従業員5人未満の個人事業所で働く
2、パート・アルバイトとして働く
3、個人事業主として仕事を請け負う、起業するなど
 詳しくは「年金をもらいながら働く」のページをご覧下さい。
従前の会社で
引き続き働く
・給料が下がらなければベスト
・給料が下がった場合
「在職老齢年金」と「高齢者雇用継続給付」で下がった給料の一部を補填することができます。
 詳しくは「高齢者雇用継続給付金」のページをご覧下さい。


TOPページ【年金生活.net】 へ戻る
Copyright2007 年金生活.net 〜団塊世代応援サイト〜 All Right Reserved
Web Design & Produce by NoriNori-KoBo