高齢者の下がった給料を補ってくれる強い味方 〜団塊世代のためのセカンドライフ応援サイト〜
下がった給与を補ってくれる強い味方 〜 雇用保険から支給される給付金!
定年退職した後、引き続き働くことになると、以前よりも給与が下がってしまう場合があります。このような状況をカバーするために、雇用保険の「高齢者雇用継続給付金」という制度があります。
この給付金を受けるには
1、60歳から65歳までの間に支払われている各月の賃金額が、60歳退職時の賃金の75%未満に低下した場合。
2、60歳退職時で雇用保険の被保険者期間が5年以上あった。
3、60歳以上65歳未満の被保険者である。
この給付金の最高額は60歳以上65歳未満の間の賃金総額に応じて、各月の賃金の15%相当額になります。
*出向・転職などで会社が変わった場合でも上記の条件を満たせば支給されます。
給料が下がっても、手取りは思ったより下がらない!?
では、実際に「高年齢雇用継続給付金」を使えばどのようになるか、シミュレーションしてみましょう。
下の表では、60歳退職前に年収720万円あった人が、約半分の324万円、3分の1の240万円になった場合を想定して、実際の手取額を計算してみました。
60歳時
年収720万円
60歳以降
年収324万円
年収240万円
給料(月給)
50万円
27万円
20万円
年間ボーナス
120万円
0円
0円
社会保険料
▲91.0万円
▲42.1万円
▲30.1万円
税金(所得税・住民税)
▲63.4万円
▲14.0万円
▲5.8万円
在職老齢年金
48万円
108万円
高年齢雇用継続給付
48.6万円
36万円
実際の手取額
約565.6万円
約364.5万円
約348.1万円
*税金については、扶養家族は妻一人、生命保険控除10万円で計算しています。
上の表を見てお解りいただける通り、給料が下がっても、「在職老齢年金」と「高年齢雇用継続給付」を上手に組み合わせれば、実際の手取額は思ったより下がらないことになります。
雇用継続が可能ならば、一度定年前に上記のしくみについて、会社側と友好的な話し合いをもたれるといいと思います。制度について会社側に詳しい人間がいなければ、社会保険労務士に相談されるといいでしょう。


TOPページ【年金生活.net】 へ戻る
65歳までの定年延長・継続雇用制度の導入はお済みですか!?
年金と給付金を活用した最適な雇用延長プログラムを社会保険労務士がご提案します!
Copyright2007 年金生活.net 〜団塊世代応援サイト〜 All Right Reserved
Web Design & Produce by NoriNori-KoBo