年金生活.net 〜団塊世代のためのセカンドライフ応援サイト〜 「ねんきん特別便」の見方と注意点
年金生活.net 年金記録漏れ問題 「ねんきん特別便」の見方と注意点
「ねんきん特別便」が届いた方へ
年金記録漏れ問題を解消するため、舛添厚生労働大臣を中心として様々な取組が始まっていますが、その切り札として「ねんきん特別便」が始まりました。これは、年金記録問題を早期に解消するため、各個人の加入記録が正しいかどうか確認してもらうために、平成19年12月より約1年間かけて1億人に送られます。
この「ねんきん特別便」は3段階に分けて送られます。まずは平成20年3月末までに、宙に浮いている記録が結びつくと思われる人へ優先的に送られました。
「ねんきん特別便」が郵送されるスケジュールは以下の通り。
、平成19年12月〜平成20年3月
宙に浮いた年金記録が結びつく可能性が高い人
、平成20年4月〜平成20年5月
年金受給者
、平成20年6月23日〜
現役加入者(サラリーマン、OLなど会社勤めの方)
、平成20年8月〜
現役加入者(自営業者、主婦の方)
、平成20年9月〜
現役加入者(共済組合加入者)
つまり、平成20年3月までにこの通知が届いた人は特に要注意といえます。また、それ以降に届いた人でも、年金記録が抜け落ちている可能性が全くないわけではありませんので、必ず加入履歴をよく確認してください。
3月までに届いた人
封筒の色は青
青い封筒を受け取った人は、ご自分の年金記録に誤りがある(宙に浮いた年金記録が存在する)可能性が高い人です。ねんきん特別便を受け取ったら、面倒でも社会保険事務所の相談窓口へ足を運ぶようにして下さい。
4月以降に届いた人
封筒の色は緑
緑の封筒を受け取った人は、ご自分の年金記録に誤りがある可能性が低い人です。とはいえ、記録に誤りがないとは言い切れませんので、不明な点があったら社会保険事務所へ足を運ぶようにして下さい。
緑色の封筒でも間違いはある
ねんきん特別便が緑色の封筒で届いたからといっても、必ず間違いが無いとは言えません。「社会保険庁のコンピュータで記録照合をした結果、それらしい記録が無かった」というだけであり、名前の読みや生年月日が間違って登録されていれば、あるはずの年金記録が抜け落ちている可能性は充分にあります。
特に女性の場合、緑色の封筒で送られてきても、旧姓で登録されている年金記録が発見されるケースが非常に多いです。
緑色の封筒であっても、不明な点があったら社会保険事務所の相談窓口へ足を運ぶようにして下さい。
次ページに、「ねんきん特別便のチェックポイント」をまとめてありますので参考にしてください。


株式投資
TOPページ【年金生活.net】 へ戻る
【おすすめ情報】 ねんきん定期便ガイド・・・年金定期便の見方と注意点を解説。
Copyright2007 年金生活.net 〜団塊世代応援サイト〜 All Right Reserved
Web Design & Produce by NoriNori-KoBo